decorative wave

水ジェット加工の特長

水ジェット加工と
一般的なレーザ加工機との比較

 

 
  • 水ジェットの層流が安定している範囲内で加工するため(こちらを参照)レーザ光の焦点を調節することなく安定した加工が可能
  • 一般的なレーザ加工のように切断面がテーパとならず垂直な切断、高アスペクト比※(深さ / 穴径)の加工が可能
  • 水ジェットが加工位置の冷却や加工面保護も兼ねるため、加工による発熱や表面付着物による影響を最小にし高精度な加工が可能
  • 水ジェットが加工屑を良好に排出するためバリの発生を抑制
 

※アスペクト比はノズル径により異なります。

 
・レーザ加工機についてのお問い合わせはこちら