オペレーティングソフトウェア

最先端のオペレーティングソフトウェアで、機械の詳細な状況把握と運用が行えます。

進むIoTの活用

マキノは、ユーザの加工現場に適したオペレーティングソフトウェアを開発して、すべての加工プロセスの状況を把握してデータ解析することにより、生産の最適化、変化への即応性に貢献します。

お問い合わせ

ProNetConneX 「まさか」の機械停止時に的確な診断

ProNetConneXは、IoTソリューションの強力なツールです。確実で迅速なデータ収集を可能とするインターフェースです。世界中のあらゆる場所に設置された工作機械と接続して、データ収集および解析を行うことができます。

事前にユーザから許可をいただいた上で、マキノ IoT Centerからリモートデスクトップで機械の画面を共有し、ログなどの情報から機械状況を的確に診断します。

・データのリアルタイム収集
・機械の状況診断
・アラーム通知
・ソフトウェアアップデート

セル運転の管理に理想的なソフトウェア。モジュールMMC2をフレキシブルに操るシステム運用ソフトウェア MAS-A5

  • Windows環境のパソコン1台で、セルシステム全機器を集中管理 (システムモニタ)。
  • 加工機械の現在の状況をリアルタイムに表示 (マシンモニタ)。
  • 「何を」「何個」「何時まで」のデータを入力するだけで、各機械の稼動状況と生産進捗に応じて自動生成されるダイナミックスケジューリング方式を採用。
  • 工具を種別毎のデータで管理することで、予備工具が複数ある場合のデータ入力をサポート。また、機械上の全工具データの状態、データ修正がシステムパソコン上で可能です。
  • 生産命令発行時に、既に発行されている生産命令の総生産数と納期が本システムで生産可能かどうかの分析を行います。わかり易いグラフ表示で容易にシステム内の生産負荷の把握が出来ます。
  • 工具寿命予測機能、工具プリセッタ接続機能、e-mail通知機能などをオプションで組み込むことができます。

情報管理ソフトウェア MPmax が設備機械の見える化を促進

製造現場の効率化を図るためには、機械のデータ収集と状態監視が特に重要です。ネットワーク上に複数の機械をつなげて、コンピュータで集中管理する機能により、リアルタイムで大量のデータを収集、保存、分析を行うことができます。機械の生産性を最大化するMPmax (Machine Productivity Maximizer)と呼ばれる新しいソフトウェアツールです。
このソフトウェアでは、電子メールによる通知やリモートモニタリングが可能になり、製造現場から離れていても、常に最新情報を得ることができます。また機械の稼動実績を見える化することにより、ボトルネックを検出して設備機械の最適化を図るツールです。
機械の状態監視、機械稼動実績、アラーム、データ解析、主軸および軸移動モニタリング、工具管理、スケジューリングなど、さまざまなデータを一元管理することが可能です。