半導体

半導体

半導体製品の製造装置部品には、高い精度と加工面品位が要求されます。

厳しさ増す要求に技術で応える


現代のエレクトロニクスの頭脳部には、シリコンで作られた半導体チップが組み込まれています。これらの頭脳部は人工知能(AI)やドローンから自動運転へ至るあらゆるものを制御しています。半導体製品に対する要求は、さらに増大してゆくものと思われます。

マキノはユーザが半導体製品を製造するための『半導体製造装置』を構成する部品製造のお手伝いをします。ユーザと共に最適なソリューションを提案します。
 
もっと詳しく知る
厳しさ増す要求に技術で応える

「私たちの製品はマキノがあってこそ」

 

KNT Inc.様(アメリカ カリフォルニア州 ニューアーク市)は、精密加工を得意とする半導体製造装置や医療機器向け部品メーカです。

「様々な機械を試してきましたが、非常に厳しい公差が要求されるチャンバ部品でも安定的に加工できるマキノがベストです。」と話すのは、オーナーのキース・タン・ゴー氏です。

同社は1993年の設立以降、半導体市場の拡大とともに成長を遂げ、現在120台を超える設備機の6割以上をマキノが占めています。

オーダーの増加により生じたのが、品質を保ったままいかにしてリードタイムを短縮するかという課題です。

同社ではモジュールMMC2(パレット搬送システム)を導入し、多品種部品を自動化したことで、製品を効率的に生産することが可能となりました。

詳細は、インタビュー動画をご覧ください。

 
・モジュールMMC2の詳細はこちら