マシン制御ソフトウェア

簡単操作のソフトウェア開発に注力
 

ソフトにより簡単なデジタル制御

インターフェースがオペレータに優しくないと機械は充分に機能しません。複雑な操作では、オペレータからクリティカルタイムを奪うばかりでなく、機械の稼働時間も奪ってしまいます。マキノは、複雑ではなく簡単に操作できるマシンコントローラの開発に注力しています。

このデジタル制御によって、作業現場における生産とプロセスの監視、品質管理、数量管理、在庫管理、および詳細なトレーサビリティの管理が簡単になります。ユーザが必要とするものが何であっても、ニーズに合わせたソリューションを実現します。
 

お問い合わせ

プロフェッショナル6:機械の性能を最大限に発揮する高度なCNC装置

独自開発のCNC装置Pro.6は、高速加工をベースとして機械動作を最適化します。移動を正確に制御することにより、加工精度とサイクルタイムを最高水準に高めます。

Hyper-i 制御装置:放電加工の生産性を向上させるユーザに優しいインターフェース

独自開発のHyper-i制御装置は、現場での作業効率にパラダイムシフトをもたらし、ワイヤ放電加工機および形彫放電加工機の生産性を向上させる、オペレータに優しいインターフェースを実現しています。

Hyper-i制御装置は、あらゆる技能レベルのオペレータが最高の結果を実現できる高度なインターフェースで放電加工機の生産性を向上させます。24インチの高解像度タッチスクリーンを使って、スマートフォンやタブレットのようなピンチ機能、スワイプ機能、およびスプレッド機能が使え、効果的な操作が行えます。
グラフィカルな入力画面で、実際の作業の流れに合わせた構成になっており、直感的に操作することができます。また対話形式で様々な問題の改善方法を提案する、先進的なヘルプ機能を内蔵しました。機械オペレータにとっては、すぐに使える最強のツールになります。

コリジョンセーフガードで主軸の衝突を防止

コリジョンセーフガードは主軸の衝突を防止するため、リアルタイム干渉チェックを実行する機能です。加工前は工具のツーリングミスや工具長の設定ミスの可能性を予めチェックし、運転中の緊急停止を最小限にします。運転中は、照合・調整したデータとNC装置内の座標や補正値などをもとに位置情報を先読みして、干渉を予測した場合には機械を停止します。この最新の検知技術は過負荷に起因する損傷から主軸を保護します。