J4

ライン対応横形マシニングセンタ

J4

ライン対応横形マシニングセンタ

量産部品加工のコストダウンを実現


横形マシニングセンタJシリーズは、フレキシブルトランスファーライン(FTL)のコアマシンです。主軸が移動するテーブル固定タイプの採用により、ワークローダーやロボットなどのマテリアルハンドリングを容易にしました。
最高の俊敏性で加工時間短縮、確かな品質を維持する切りくず処理、省スペース設計など生産性を最大限に高めることができます。

特長・仕様

  • 最大トルク250N・mで鋳鉄部品の高力加工を可能とするHSK-A63の主軸を搭載しています。
  • 直径265 mmの大径フェイスミルで大面積一発仕上げが可能です。
  • 高剛性の機械で俊敏な動作が加工時間を短縮します。
  • ロボットローダやガントリーローダなどに自在に対応できます。

本機械についての詳細は、弊社営業員にお問い合わせください。ユーザが求める量産加工のニーズに合わせてシステムを構築することができます。

テーブル作業面の大きさ: 500 × 500 mm
X軸: 550 mm Y軸: 520 mm Z軸: 550 mm

主軸回転速度

50 ~ 14000 min-1

主軸端(呼び番号)

HSK-A63

早送り速度

62000 mm/min

切削送り速度

1 ~ 50000 mm/min

最大ワーク寸法

Φ710 × 700 mm(条件付)

最大積載質量

500 kg

工具収納本数

30 本

工具最大長さ

355 mm

工具最大径

100 mm

工具最大質量

8 kg