K‑55

汎用フライス盤

K-55

汎用フライス盤

1番タイプのコマーシャルジグ中ぐりフライス盤。お客様に育まれて、出荷台数は27,500台を超えるベストセラーマシンです。

指先の感覚がダイレクトに伝わる精巧なクイル、抜群の中ぐり精度、ハンドルの動きを正確に伝えるバックラッシのないテーブル。卓越した技能と研ぎ澄まされた五感に応えます。

主軸は、ベルト駆動方式のKS形、ベルト駆動方式無段変速のKV形から選択できます。回転速度は毎分4000回転です。

特長・仕様

各構成部は安定性の高いミーハナイト鋳鉄を使用しています。内部には効果的にリブを配し、十分な剛性を確保しています。ニー上面は焼き入れ研削が施されています。オーバーホールを行えば、初期の精度に復元することができます。

主軸頭は左右に±45゜旋回します。サインバーチャックを使わずに斜め面のフライスやドリル、中ぐり加工ができます。

各運動部の操作ハンドルは、作業のしやすい最適な位置に配置されています。長時間の作業でも疲れを感じさせません。

テーブル作業面の大きさ: 1100 × 250 mm
X軸: 550 mm Y軸: 250 + 300 mm(サドル前後 + オーバーアーム前後) Z軸: 350 mm(ニー上下)

主軸回転速度

75 ~ 4000 / 80 ~ 4000 min-1(高速形 / 無段変速形)

主軸端(呼び番号)

JIS No.40

早送り速度

3500 mm/min(テーブル)

最大積載質量

500 kg