decorative wave

BellyWIZARD™

直線的で、ワイヤ消費量を増やすことなく、より正確な部品

競争の激しい市場は、常にコストを削減し、リードタイムを短縮する必要があります。消耗品コストを抑えながら、クオリティの高い部品を迅速に製造できます。 MakinoのBellyWIZARD™テクノロジーはまさにそれを実現します。

それがどのように役立つか

不正確さ(「腹」または「弓」)は、通常、ワークピースの垂直スパンの中心で悪化します。これらのエラーは、最初のラフカット中に90%発生します。 BellyWIZARDはラフカットのネットシェイプに近づき、スキムパス加工を追加する必要がなくなります。これにより、従来のワイヤーEDM技術に比べてストレート部が40%もストレートになります。

使い方

BellyWIZARDの適応技術は、各ワークの高さに最適な加工パラメータを自動的に選択します。また、磨耗やワイヤラグによるワイヤの変化を自動的に補正します。結果として、ワイヤ消費を増加させることなく、サイクルタイムを短縮して、よりストレートで正確な部品が得られます。