FB127

立形マシニングセンタ

FB127

立形マシニングセンタ

精密治具・金型用プレシジョンプレート、精密機械用XYテーブルなどで要求される数ミクロンの誤差も許されない加工を、マシニングセンタで完結するために開発しました。

極限まで振れを抑え込んだスピンドルによるファインボーリングやロストモーションのない卓越した運動性能によるコンタリング加工。さらにはCs軸を用いたヘール加工やボールエンドミルによる高面品位加工など、これまでの常識を超えたマシニングセンタです。

有限要素解析と数多くの実績を積み重ねて実現した熱変位対策。長時間による加工でも、ピッチ精度や直角度の変化は最小です。熱的に安定するのを待つのではなく、熱変位ゼロを目指す、それがFB127の開発コンセプトです。

特長・仕様

軸構成は、X / Z軸が主軸を移動して、Y軸がテーブルです。ストローク全域にわたり、オーバーハングが無いように設計されています。そして精巧に研磨された案内面は機械と一体化されており、優れた精度と剛性を実現します。
X / Z軸は、切削による振動を抑制する減衰性の高いすべり案内面を採用しています。またY軸には直動ベアリングと2本のボールねじを採用。テーブル荷重が変化しても常に安定した制動を実現しています。

長時間における加工であっても、安定した精度を保証するため、次の機能を装備しています。

  • ボールねじ内部にベッド温度に同調した冷却液を循環させ、高速移動によるねじの発熱を防止します(ボールねじ軸芯冷却)。さらにボールねじのサポートベアリングやモータ取り付け面にも冷却液を循環させ、発熱を防いでいます。
  • X軸を長時間の高速移動でも発熱しないよう案内面を冷却しています。機械本体温度に同調させた冷却油をサドル内に循環することで温度を一定に保ちます。
  • X軸の摺動部は密閉しており、供給する潤滑油で加圧することで、摺動抵抗を大幅に低減します。高速移動に対する応答性を確保しています。


主軸の冷却および潤滑は、軸芯冷却とアンダーレース潤滑を採用しました。回転する主軸の内部に温度制御した多量の冷却油を送り込み、主軸自体を内側から直接冷却する方式を採用しています。さらにベアリングの潤滑は、主軸内側に送り込んだ冷却油をベアリングのインナーレースに明けた穴から供給します。これにより、高速回転時の熱歪みを最小限に抑えることを可能としました。


高速送りでも、目標の軌跡に対して寸分の誤差なくモーション制御するGI.4制御を標準装備。金型の3次元形状など微小ブロックの処理能力を向上する、スーパーGI.4制御も用意しています。

テーブル作業面の大きさ: 1400 × 700 mm
X軸: 1200 mm Y軸: 700 mm Z軸: 450 mm

主軸回転速度

50 ~ 20000 min-1

主軸端(呼び番号)

7/24テーパ#40

早送り速度

20000 mm/min

切削送り速度

1 ~ 16000 mm/min

最大ワーク寸法

1400 × 700 × 250 mm

最大積載質量

2000 kg

工具収納本数

30 本、特別仕様:40 / 80 本

工具最大長さ

300 mm

工具最大径

Φ120 mm

工具最大質量

8 kg

制御装置

プロフェッショナル5