decorative wave

LB300・LB500

LUMINIZER

航空機、医療部品などの製造に理想的なレーザ加工機

 
精度と安定性の高い機械構造と高効率ウォーターレーザ技術で、既存の機械では難しい脆性材の加工が容易に行えます。

一般的なレーザ加工と違い、ウォータージェットがガイドする中をレーザ光が進むため焦点調整が不要で、加工面が垂直になります。
水を使うため熱影響層が無いのも特長です。
航空機、医療、半導体部品などの製造に理想的なレーザ加工機です。
 

機械仕様

    LB300 LB500
テーブル作業面の大きさ
(mm)
420×400 560×500
移動量
(mm)
X軸 410※1 500※2
Y軸 400 400
Z軸 200 500
早送り速度
(mm/min)
X軸 60000 60000
Y軸 60000 60000
Z軸 2000 60000
加工送り速度
(mm/min)
X軸 30000 30000
Y軸 30000 30000
Z軸 2000 30000
最大ワークサイズ
(mm)
400 500
奥行き 300 500
高さ 200 500
最大積載質量
(kg)
70 130
レーザ発振器 ナノ秒 YAGレーザ
※1 +70(レーザアライメントオフセット)
※2 +130(レーザアライメントオフセット) +130(タッチプローブオフセット)
 

※本機の詳細はこちらを参照ください。
・加工事例:CMCs材、PCD/CBN工具、TBC材・SiC材への穴加工、ステント加工
・特長
・詳細仕様

加工事例

ステント加工

・逆位相ステント加工
・同位相ステント加工
 



 

タービンブレード ディフューザー穴加工

 

 

お問い合わせ

レーザ加工機事業およびLB300・LB500についてのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム