decorative wave

サービス対応

緊急事態宣言発令下のサービス対応について

緊急事態宣言発令下のサービス対応について

株式会社牧野技術サービス
取締役社長
香村章夫
 
平素は格別のご高配を賜りありがとうございます。
 さて、2020年4月7日に政府より緊急事態宣言が発令されました。このような状況下、弊社はお客様と従業員の安全を第一とし、お客様の機械稼働を支援すべく可能な限りのサービスを提供する所存でございます。つきましては、下記の通り緊急事態宣言発令下でのサービス対応を定めましたのでご報告いたします。
 なお、保守部品につきましては、今後の調達難を見越し、通常の在庫に加え2300種類の部品を3ヶ月分備蓄いたしました。通常は保守部品を相模原と神戸の2カ所から発送しておりますが、さらに3カ所の特設倉庫へ分散在庫し、流通網の混乱などに備えております。今後も引き続き、安定して部品をお届けできるよう努めてまいります。
 なお、対応は今後の状況により変更することがございますのでご承知おきください。

 
- 記 -

 
1. お客様への出張サービスについて
 
  • お客様訪問の安全性を確認した上で、通常通り出張サービスをご提供いたします。
  • 安全性が確認されない場合、出張サービスをお断りすることがあります。
  • 安全性は弊社の基準により判断させていただきます。
  • 通常、弊社の緊急事態宣言対象地域にある拠点から、出張サービスを提供させて頂いているお客様が、地域外の拠点からのサービスを希望される場合、1週間程度お待ちいただくことがあります。またその場合、交通費はサービスを提供した拠点からのご請求とさせていただきます。


2. 感染管理

  • サービスエンジニアは、毎日検温しており、発熱者を出張させることはありません。
  • 味覚、嗅覚異常、顕著な風邪症状など、感染が疑われる場合は出張させません。
  • サービスエンジニアは必ずマスクを着用いたします。また、必要に応じて防護手袋の着用、手や機材の消毒をさせていただきます。
  • 万が一に備え、サービスエンジニアにご対応いただいた、ご担当者様のお名前を控えさせていただきます。
 
以上