マキノメールマガジン配信申込規約
top配信申込規約配信申込み退会はこちら

メールマガジン「マキノメールマガジン」配信規約

本規約は、第3条に規定する購読者が、「マキノメールマガジン」配信を利用するに当たっての義務と権利について規定されています。配信を申し込まれると、あなたが本規約のすべてに同意されたことになり、第3条に規定する購読者が利用することについての一切に適用します。

第1条(「マキノメールマガジン」の目的)

  1. 「マキノメールマガジン」は、株式会社牧野フライス製作所(以下「牧野フライス製作所」という。)が配信する新鮮な情報をいち早くキャッチできるサービスです。

第2条(提供するサービス)

  1. 牧野フライス製作所は、購読者に対し、次のサービス(以下「本件サービス」という)を提供します。
    (1) E-mailによる情報の提供
    (2) その他牧野フライス製作所がその判断により提供することを決定するサービス

  2. 本件サービスの内容、提供時期及び期間、提供方法並びにその他本件サービスに関する一切の事項は、牧野フライス製作所がその裁量と判断により決定するものとします。

第3条(購読者)

  1. 第4条に定める購読者資格を有する方が、本規約を承諾のうえ、牧野フライス製作所の指定する手続きに従って「マキノメールマガジン」への入会を申し込み、牧野フライス製作所が承諾した方を購読者とします。

第4条(購読者資格)

  1. 「マキノメールマガジン」の購読者資格は、以下の全てに該当する方に限ります。
    (1) 牧野フライス製作所、運営のホームページの来サイト者の法人、若しくは法人の中の個人であること
    (2) 本人が利用可能なE-mailアドレスがあり、そのアドレスへのメール送付により牧野フライス製作所と連絡を取ることができること
    (3) 「マキノメールマガジン」に関する牧野フライス製作所からの連絡について、購読者が「マキノメールマガジン」入会の際に申請した連絡先の電話等に連絡する場合があることを承諾すること

第5条(会費)

  1. 「マキノメールマガジン」への入会及び本件サービスの利用については、通信料等を除きいずれも無料です。

第6条(利用申込み手続き、承認)

  1. 第4条に定める購読者資格を有する方が、牧野フライス製作所が定めた手続きにより、入会申込を行い、牧野フライス製作所が、その入会申込みを受け付け、必要な審査、手続等を行ったうえで、当該入会申込みに対する諾否を決定するものとします。なお、牧野フライス製作所の判断により、当該入会申込みに対し承諾しないことができるものとします。

  2. 牧野フライス製作所が入会申込みを承諾した場合、当該入会申込者に対し返信メールにて、通知するものとします。なお、当該通知の到達により、牧野フライス製作所の当該入会申込みに対する承諾の効力が生じ、当該入会申込者は購読者になるものとします。

  3. 前項における牧野フライス製作所からの入会申込者に対する通知には、第9条第2項の規定を準用します。

第7条(本規約の範囲)

  1. 牧野フライス製作所が、オンライン又は牧野フライス製作所が提供する手段により随時購読者に対して発表する諸規定及び指示は、本規約の一部を構成し、購読者は、牧野フライス製作所からの発表後1週間経過した時点ですべてのこれを承諾したものとし、これを遵守するものとします。

  2. 牧野フライス製作所は、適宜「マキノメールマガジン」の各サービスにおいて個別の運用規程を設置することができるものとします。なお、これらの運用規程も、本規約の一部を構成するものとし、牧野フライス製作所からの発表後1週間経過した時点ですべての購読者はこれを承諾したものとし、これを遵守するものとしますが、これらの運用規程が本規約と異なる定めをしている場合には、運用規程が優先されるものとします。

第8条(本規約の変更)

  1. 牧野フライス製作所は、購読者の事前の承諾を得ることなく適宜本規約を変更することができるものとします。なお、当該変更された規約も、本規約と一体をなすものとし、牧野フライス製作所からの発表後1週間経過した時点ですべての購読者はこれを承諾したものとします。

第9条(通信方法)

  1. 牧野フライス製作所と購読者との間の通信は、E-mailによることを原則とします。ただし、本規約又は適宜「マキノメールマガジン」の各サービスに関して設けられる個別の運用規程に別段の定めがある場合はこの限りではありません。

  2. 牧野フライス製作所が購読者の指定したE-mailアドレスに向けて情報を発信し、1週間以内に不達とならない場合には、当該情報はかかる発信時に購読者に到達したものとみなします。

第10条(自己責任の原則)

  1. 牧野フライス製作所は、当該購読者の故意過失の有無にかかわらず「マキノメールマガジン」の利用による、当該購読者が被る損害については、一切の責任をも負いません。

  2. 購読者は、自己の責任に於いて、「マキノメールマガジン」の利用を行うものとします。

第11条(本件サービスで提供される情報等)

  1. 本件サービスで提供される情報内容等は、提供時点で利用可能なものとします。

  2. 購読者は本件サービスを利用する際は、事前に個々のサービスごとに定められた所定の手続を行うものとします。

  3. 牧野フライス製作所は、購読者への事前の通知なくして、本件サービスで提供される情報内容の追加及び変更等を行うことができ、購読者はこれを承諾するものとします。

  4. 牧野フライス製作所は、購読者への事前の通知なくして、「マキノメールマガジン」の運営を一時的に中断、停止することができ、購読者はこれを承諾するものとします。

  5. 前各項による本件サービスで提供される情報の追加及び変更等並びに「マキノメールマガジン」運営の変更、停止により、購読者が被る不利益、損害について、牧野フライス製作所は一切責任を負わないものとします。なお、当該変更、停止等については、牧野フライス製作所が、オンライン又は牧野フライス製作所が提供する手段により発表するものとします。

第12条(本件サービスに関する保証)

  1. 牧野フライス製作所が「マキノメールマガジン」若しくは本件サービスの提供を通じ、購読者に提供する情報について、牧野フライス製作所及びその委託者は、購読者及び第三者に対し、その完全性、正確性、有用性等に関して、いかなる保証も行いません。

  2. 購読者が本件サービスの利用により被ったすべての損害又は損失に対し、牧野フライス製作所は、いかなる責任も負わないものとします。

第13条(購読者の責任)

  1. 購読者が本件サービスの利用によって第三者に対して損害又は損失を与えた場合、購読者は、自己の責任と費用負担においてかかる第三者に生じた損害又は損失を処理解決するものとします。

  2. 購読者が本規約に違反した行為、又は不正若しくは違法な行為によって牧野フライス製作所に損害を与えた場合、牧野フライス製作所等は当該購読者に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第14条(私的使用範囲外の利用の禁止)

  1. 購読者は、牧野フライス製作所が事前に承認した場合(情報等に関して権利を持つ第三者がいる場合には、牧野フライス製作所を通じ当該第三者の承認を取得することを含む。本条において以下同じ。)を除き、「マキノメールマガジン」を通じて入手したいかなる情報をも複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用をすることができません。

  2. 購読者は、前項に反する行為を第三者にさせることはできません。

第15条(購読者による営業活動の禁止)

  1. 購読者は、牧野フライス製作所が事前に承認した場合を除き、「マキノメールマガジン」において営業活動、営利を目的とした利用、及びそれらの準備を目的とした利用を行わないものとします。

第16条(変更の届出)

  1. 購読者は、氏名、住所その他牧野フライス製作所への届出内容に変更があった場合、速やかに「マキノメールマガジン」に定められた手続き方法により当該変更の届出をするものとします。なお、当該届出がなされなかったことで、購読者が不利益を被ったとしても、牧野フライス製作所は購読者に対し一切責任を負わないものとします。

第17条(利用承認の取消等)

  1. 牧野フライス製作所は、購読者が次のいずれかに該当すると判断した場合、購読者への事前通知、催告なしに、当該購読者につき「マキノメールマガジン」の利用の一時的停止又は「マキノメールマガジン」の購読者資格を取消すことができるものとします。
    (1) 利用申込内容に虚偽があったことが判明した場合
    (2) 「マキノメールマガジン」の運営を妨害した場合
    (3) 本規約のいずれかに違反した場合
    (4) その他、牧野フライス製作所が購読者として不適当と判断した場合

第18条(退会)

  1. 購読者が「マキノメールマガジン」を退会する場合は、「マキノメールマガジン」に定められた手続き方法により届け出るものとします。

第19条(専属的合意管轄裁判所)

  1. 購読者及び牧野フライス製作所は、購読者と牧野フライス製作所の間で本サービス関して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

↑ページトップへ

Copyright © Makino All right reserved.