マキノで働く人たち

猪狩真二SHINJI IGARI

株式会社牧野フライス製作所
開発本部 先行開発部

現在の仕事内容

マシニングセンタの高速・高精度化を目的とした制御技術の調査研究、ソフトウェア開発、実機実験をはじめ、多岐にわたる業務を行っています。当社のお客様は、金型、自動車、航空機をはじめ、金属加工に関連するあらゆる業界のメーカー。業界を横断してお客様のニーズに応じた技術開発をオーダーメイドで行って提供するだけでなく、市場の動向を読んで研究開発に打ち込む時間も確保できることに魅力を感じています。学生時代からエンジニアとして想い描いていたことが、すべて詰まっている仕事だと思っています。

この会社を志望した理由

『加工データの継続的蓄積とデータ解析による作業設計』のタイトルで発表した博士論文は、機械工学に興味を持ち、マシニングセンタの性能と可能性に魅了されて打ち込んだ研究の集大成。これを作成する前から牧野フライス製作所のことは知っていて、開発部門で仕事をする自身の姿をイメージしていました。機械設計だけでなく、数値制御技術の分野で最先端を走っている点にも魅力を感じていましたので、他社へ行くことは考えていませんでした。

最もやりがいを感じる瞬間

研究開発部のエンジニアと聞けば黙々と仕事をするイメージがあるかもしれませんが、当社ではお客様と向き合ってヒアリングや提案を行うことが求められます。入社3年目を迎えた今はその機会がどんどん増えていて、長年当社のマシニングセンタをお使いいただいているお客様に感じていただいている使い勝手の良さを損なうことなく、気持ちの良い操作で切削加工作業を効率化できる新機能を付加して、製品化を実現することにやりがいを感じています。

職場環境の魅力

海外市場の動向に精通している営業部門、地道な実験作業によって各製品の課題を分析する加工技術部門をはじめ、すべてのチームが「クオリティファースト」を合言葉にひとつになれるのが当社の強みだと思います。私はまだ経験が浅く、不慣れな機械を扱う時は先輩や上司を頼ることもあるのですが、困っている人がいればセクションに関係なく手を差し伸べ、解決策をみんなで探っていく……そんな温かさと結束力の高さは新人の頃から変わることがありません。

当面の目標・将来の夢

未知の領域へも積極的に踏み込んで次世代のマシニングセンタの開発に貢献したいと考えています。理想としては、専門的な知識がない人でも直感的な操作によって思い通りの形状を望む精度で加工できるマシニングセンタ。それ以外の工作機械についても、ものづくり現場の自動化・無人化へ貢献するために何ができるか?というのがこれからのテーマになることは間違いありません。学生時代からずっと考えてきたことですし、切削加工は物理現象として未解明の部分が多く、まだまだ進化する余地を残しているので、楽しみは尽きません。

Working at Makinoマキノで働く人たち

PAGETOP