マキノで働く人たち

ギーセン瑛海AMY GIESEN

株式会社牧野フライス製作所
人事部人事課

現在ギーセンさんが担当されているお仕事の内容は?

人事部の採用を担当しています。と言ってもまだ入社して1年ですので私自身が面接をするわけではありません。
主な仕事は、その前の段階の面接者へのご案内やスケジュール管理、内定後の入社までのフォローアップ、またインターンシップの企画・運営などを担当しています。元々は英語を使って海外に頻繁に出張に行くような仕事がしたいと思っていたのですが、就職活動をしていく中で、私を面接してくださった採用担当の方々が(マキノの担当者も含め)とても魅力的に感じ、就職活動をしている過程で、人事って面白そうだなと感じました。
もともと人と接することが大好きなので、そうであれば営業なのでは?という話になりそうですが、人事だと「必ず若い人と話ができる」という魅力があるのです(笑)
同時に、人の人生にちょっとだけ踏み込める、人の人生の分岐点に立ち会うことができるってすごいことだと思いませんか?

ではいくつか内定がでた会社の中からマキノを選んだ理由は?

全く知らない未知の世界に飛び込みたい、という気持ちが強かったです。大学ではコミュニケーションを学んでいました。組織論や心理学もそれに近い領域の一つとして学んでいたので、卒業生の就職先も、様々ではありますが、人との会話が非常に多い仕事、例えば商社や情報系への就職、営業職としての採用等が多いのですが、説明会を回って行く中で、「機械を作る機械」というのがなんだか面白そう、と思ったということもあります。そんなことを感じた私を採用してくれたマキノとは、おそらく何か“縁”のようなものがあったのでしょう。
また、“流れ作業”になることが多い他社の選考の中で、マキノはひとつひとつのステップがとても丁寧だったのが印象的でした。しかも人による区別をしない。誰に対しても丁寧、というところがマキノに惹かれた理由の一つですね。採用面接でマキノの社内の風通しの良さのようなものを感じた、ということもあります。

入社してマキノのイメージ変わりました?

当然ではありますが、マキノの方で一番初めに会ったのは人事担当の方で、「カッコいいな」と思ったのですね。そして人事部に配属されているわけですから、その最初の印象が今でもずっと続いている、ということになります。逆に言えば、今度は私自身がマキノの説明を聞いてみようと思う学生さんに対して好印象でなければならないのだな、と理解した瞬間に、ちょっと身の引き締まる思いになりました。
それと、この言い方がアピールになるのかどうかわかりませんが、「いい人がたくさんいる会社」というよりも「嫌な人がいない会社」ですね。そして、偉い方が偉そうにしていないのがいいです。社長はじめ、重役の方々に気さくな方が多く、新入社員の私にもいつも挨拶をして下さいます。

どんな人にマキノに来て欲しい、と思いますか?

あくまで個人的な意見ですし、私自身に海外志向の友人が多いというのもあるのですが、マキノには“海外に興味のある面白い人”に来て欲しいです。とにかく海外で働くチャンスがとても多い会社です。グローバルインターンから始まって、様々な語学研修プログラムも豊富ですし、もちろん部署にもよるとは思うのですが、どの部署でも海外の人と少なからず関わることはあって、自分がもし英語やその他の外国語を使いたいということがあれば、その機会が多くあると思います。
そしてそのような機会が多くあるということは、つまり“海外に興味のある面白い人”が必要とされている、ということでもあります。

ギーセンさんは今後の自分自身の働き方をどうしていこう、と考えていますか?

まだまだ何かを語るほどの資格は私にはありませんが「もっとできそうだな」ということが明確にわかった一年でした。私なりに頑張ったという自負はあるのですが、まだまだ“憧れの人事担当者”には程遠いと思うのです。一年間仕事をしてみて、そのあたりのギャップがとてもクリアに見えて来たので、やるべきことがたくさんあることがわかりました。もちろん一人でではなく、上司や同僚と力を合わせて、ということになりますが。マキノのいいところは、そういう私の想いに応えてくれる人たちが周りにたくさんいてくれている、ということです。

Working at Makinoマキノで働く人たち

PAGETOP