Vol.3 加工技術自体の「難しさと本当の深さ」が解ってきたら俄然面白くなってきました。次は同時5軸加工にチャレンジしたいです。 Started to feel really excited once got to know the core of processing techniques and understanding how hard they are. I am willing to challenge my self with 5-axis machining next.田中優子 株式会社牧野フライス製作所加工技術部・カスタマアプリケーショングループ営業技術チーム

Profile

田中優子

田中優子

大阪府出身 大学で航空工学を専攻。2009年牧野フライス製作所に入社。一級機械加工技能士。現在、加工技術部・カスタマアプリケーショングループ営業技術チームに所属。

マキノを選んだ理由

マキノを選んだ理由 イメージ

高校時代、当初は文系指向だったのですが、理系のほうが就職の幅が広がりそうと感じたことと、乗り物好きだったこともあり、大学では航空工学を専攻しました。おそらく乗り物の中でも最も先端技術を使う必要があるだろうから、ここで学ぶであろうことは他の乗り物にも適用できるはずだ、と考えたのです。

就職の時に着目したのは、会社説明会での「座談会」ですね。「座談会」で、実際に就職されている方とお話しする機会を提供していただける会社は多いのですが、マキノの「座談会」はちょっと面白かったのです。というのも、他の企業だと「後ろのグループから聞こえてくる先輩の回答と、自分が目の前にしている別の先輩がお話しされている内容が同じ」ということが多かった。つまり「決まりきったことを言わなければならないらしい」ということが学生にバレていた(笑)。ところがマキノだけは「本音」だったようで、回答もバラバラで、本当の意味での「先輩の声」を聞くことが出来ました。誠実に仕事ができそうな会社だな、と思ったのです。

営業技術という仕事

営業技術という仕事 イメージ

現在「営業技術」という仕事を担当しています。営業スタッフの営業活動を技術面で支える仕事になります。お客さまはその道のプロフェッショナルばかりですから、当然技術も詳しい。当社の営業だけですべてをフォローすることが難しい場合があります。そこを技術面でサポートしていくのがメインの業務になります。展示会などでのデモ加工の準備も担当しますし、機械をご購入いただいたお客様の、本格稼働前の準備段階でのサポート、また実際の加工のお手伝いもご一緒させていただくことがあります。マキノはこの「加工技術部」がスタッフ数も含めて充実しているのが特徴でしょうか。もちろん営業部門にも技術に相当詳しいスタッフは多いのですが、「実際に削る」という作業はベテラン営業でもあまり実施したことはないはずなので、そのあたりに私たちの部署の存在意義があるわけです。

もちろん「詳しい」という意味では(当然のことながら)開発スタッフはすべてを熟知しているわけですが、加工技術部の強みは「現場を知っている」ということですね。現場技術と言っていただいてもよいかもしれません。機械の構造から、様々な測定方法まで、そして経時変化への対応などについてもかなり想像力を働かせる必要があるので、難しいですがとてもやりがいのある仕事です。入社して7年が経過しましたが、未だに覚えなければならないことがたくさんあります。(人として)成長した、というよりはむしろ解れば解るほど、解らないことがたくさんあるらしい、ということが鮮明になってきているような状態です。「課題が明確になってきたな」と実感しています。

仕事の難しいところ・面白いところ

仕事の難しいところ・面白いところ イメージ

変な言い方ですが、仕事していて「楽しいな」と感じる部分は「難しい」部分ですね。楽しいと難しいが一緒なのです。テスト加工でお客さまに購入の検討をしていただくのに、弊社で機械を使って事前加工することが多いのですが、この場合、きちんと精度を出したり、短時間に納められるように、ということが重要な課題になります。そこを、開発や加工のスタッフと相談しながら顧客の求めるクオリティを満たしていくのが私にとってはまだまだ難しいところですが、逆に醍醐味を感じるところだったりします。私自身は部品加工チームに所属しています。対象にする業種も、またサポートしなければならない弊社の工作機械も非常に多岐にわたるところが大変でもあり楽しいところだったりもします。

入社して7年経ちましたが、入社前にイメージしていた通りの働き方が出来ているのは案外驚異的なのかもしれません。まったくギャップがないのです。もしも自分に個性があるとすれば「頑張ること自体が好き」というところがあったのだとは思いますが、それ以上に「マキノがマイペースを許容してくれたから」からでしょうか。マキノは途中で辞めてしまうエンジニアが非常に少ないのはそのあたりが理由かもしれません。

最近は加工技術自体の「奥の深さ」がだんだん解ってきました。難しさとも言えるのですが、7年間経って、ようやくその深さの入り口に立ったような気がします。今は4軸の機械を使うことが多いんですが、そろそろ5軸(同時5軸加工)にチャレンジしたいなと考え、上司に相談しつつ、そのあたりの勉強を始めたところです。今後は工作機械自体に「自動化」のプロセスが相当含まれるようになるはずですが、ちょっとした条件の違いや機械振動と加工振動の合成といった局面になると、職人芸的なところは絶対残ると思うのです。加えて、工具自体の材質が違うと結果がまったく違うものができる、というのもなんだか面白いなあ、と思っています。

営業技術部は「お客様の一番近くにいるエンジニア」。社内外のいろいろな人に会える営業的な楽しさを獲得しつつ、現場で技術者としてのスキルを磨くことが同時にできます。

チームワークのマキノ

チームワークのマキノ イメージ

マキノはそもそも顧客対応の速さをセールスポイントのひとつにしています。何かトラブルが発生したときの動きがスピーディなのです。そのスピード感は社内スタッフのチームワーク、特に連携プレーの素早さがなければそもそも実現できません。ですから、顧客対応のみならず、私自身が出張先の展示会会場などでトラブルを発生させたとしても、開発や加工技術のメンバーの対応は驚異的です。展示会のみならず、普段私が使う機械は、勝山事業所で製作しているものが多いのですが、何かあるとすぐに厚木まで来てくれるということもあります。

これからやりたいこと

これからやりたいこと イメージ

まだまだ目先のことしか考えられないキャリアしか積んでいないという自覚はあるのですが、やはり、お客さまがうちの製品を使うことによって得られる利益を大切にしたいということと、実際に機械をオペレーション(操作)する人たちに対して、安全に、楽に使っていただける機械をどんどん作っていけたらいいなと思います。そのための「提案」をもっともっとやりたいな、というのが今やりたいことですね。最近ようやく一人でお客さまのところに行ってサポートできるようになったのがうれしい、というのもありまして。

理系女子に向けて

理系女子に向けて イメージ

女性だから得だとか損だとかいうことがないのがマキノの良いところです。良くも悪くも特別扱いされません。一人の個人として尊重されているような(笑)。展示会などでオペレータ部隊を女性で固めて華やかな感じを演出する企業もありますが、マキノはそのようなことはしません。私はクーラントタンクを開けてドロドロになりながら掃除したりしてますよ。 2年に1回のJIMTOF(日本国際工作機械見本市)が日本では最も大きな展示会ですが、実際に工作機械が動いてますからそれなりに騒々しいですし、私自身もはりきって機械の前で説明しています。SIMTOS(JIMTOFの韓国版)では英語を駆使しなければならなかったのですが、専門用語を理解していたのでなんとか乗り切りました。マキノは語学研修が充実しているのも助かりました。

そもそも私、航空工学を専攻したくらいですから、大きいものが好きなのですが、学生時代は「女性には危ない」ということで触らせてもらえない大型の機械が結構あったのです。マキノに入社してからは「誰もがごく普通に扱える」ということが妙に魅力的だったりします。それを差し引いても、ごく普通にものづくりに没頭したい女子にはマキノはうってつけの職場だと思います。

牧野フライス製作所の募集要項

募集職種 マシニングセンタの開発設計、放電加工機の開発設計、制御開発、CAD/CAM開発、加工技術開発、国内・海外営業、営業企画、生産管理、生産技術、調達、総務、経理、海外事業 など
給与 修士了/月給23万円、大学卒/月給20万7,000円
高専卒/月給18万6,000円、高校卒/月給16万4,000円
勤務地 東京、神奈川、山梨等全国および海外
勤務時間 8:00~16:45(本社・各事業所)、8:30~17:15(営業所)
※一部フレックスタイム制度もあり
待遇 昇給年1回、賞与年2回、通勤・残業手当、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険、各種研修制度、独身寮、住宅融資制度、持株制度、産前・産後休業制度、育児休業制度、介護休業制度、保養所、各種クラブ活動 等
休日休暇 完全週休2日制(土・日)
夏期、年末年始休暇・5月連休(各5~7日間)
年間休日124日
応募 こちらからエントリーを行ってください
連絡先 株式会社牧野フライス製作所 総務部 総務課
〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町中津4023 TEL:046-284-1710
e-mail:recruit@makino.co.jp
リクナビ2017
人材募集[応募はこちら]